Novelbrightグループ名の意味や由来は?誰がいつどのように決めた?

Novelbright 意味 由来 エンタメ
Pocket

最近話題の5人組ロックバンドのNovelbright!

今回はNovelbrightについて、その名前の意味や由来について調べてみました。

結成は2013年ですが、近ごろ急激にメディアへの露出も増え、有名になってきています。

歌声が魅力的で引き寄せられる人が大勢いるようで…!

今回はそんな彼らについて掘り下げていきたいと思います。

グループ名の意味や由来の他にもメンバー、たっぷりの魅力、ブレイクのきっかけ、見習いたい戦略など、盛りだくさんでお届け!

ひとつずつ見ていきましょう!

この記事を読み終わったころにはあなたもNovelbrightのとりこになっているかも…!?

 

Novelbright意味と由来

グループ名のNovelbrightには「自分たちが新しい輝き、ひかりになれたらいいな」という思いが込められているようです。

novelには「新しい」、bright には「輝き」という意味があります。

とても分かりやすく、前向きな、好感をもてるグループ名ですよね!

Novelbrightは「ノーブラ」「ノベブラ」と略されたりもしています。

ちなみに「ノーブラがすき!」と言っても変に思われないくらい有名になるのが目標だそうです!

 

Novelbrightのプロフィール

Novelbrightは、Vo.竹中雄大、Gt.沖聡二郎、Gt.山田海斗、Ba.圭吾、Dr.ねぎから構成されている5人組のロックバンドです。

2013年に結成し、2019年1月に今の5人体制になりました。

公式ファンクラブ名は「NOVELCITY」です。

2019年に行った路上ライブツアーが話題となり、SNSなどで知名度が急激に広がっていったようです。

2020年8月にメジャーデビューをはたしています。

・sunny drop:メジャーデビュー曲、「コカ・コーラ ゼロシュガー」CM

・ツキミソウ

・ライフスコール:映画「犬部!」

・優しさの剣:ドラマ「漂着者」主題歌

などなどデビューして間もないにも関わらずヒット曲がたくさんあります。

 

Noblebrightの魅力

Novelbrightの最大の魅力の一つはボーカルの竹中雄大さんの透き通ったハイトーンボイスだと言われています。

そんな竹中さん、実は口笛の名人なんです!

学生時代に口笛の世界選手権で、二度も優勝経験があるんだとか!

また、Novelbrightといえば路上ライブが有名ですね。

2019年の路上ライブが「歌がうますぎる」「路上ライブのレベルじゃない」などと話題になり、SNS上で瞬く間に拡散されたことがきっかけで全国区のバンドへと成長しました。

あまりにも人が集まってしまったため、路上ライブをやめることになるなど、伝説的なエピソードもあります。

 

Noblebrightブレイクのきっかけは?

先ほども紹介した通り、2019年の路上ライブが話題となったことが彼らの転機といってもいいのではないでしょうか。

また、彼らの成功の一因はSNSの上手な活用によるものです。

上のTwitterのように、圭吾さんが観客のようなツイートをし始めたことでたくさんの人の注目を集めました。

圭吾さんは竹中さんの歌唱力にほれ込んでいて、どうにかその才能を世に知らしめたかったそうです。

知ってもらえればよさを分かってもらえる、そういう思いで圭吾さんはさらにオリジナル曲ではなく有名な曲を歌い投稿しました。

そうすることで、まずはできるだけたくさんの人の目に映るようにし、自分達の存在を知ってもらおうとしました。

その作戦が功を奏した形でNovelbrightは有名になっていきました。

Novelbrightが成功したのは巧みなSNS戦略が成功の鍵だったようです!

 

まとめ

ここまでNovelbrightの意味や由来をはじめとして、彼らについてみてきました。

Novelbrightは新しい輝きという意味でしたね!

グループ名の由来はとても素敵でした。

ここまでの記事を読んで、Novelbrightの曲やパフォーマンスを見てみたくなった人も多いのではないでしょうか!?

圧倒的歌唱力で人気を博している彼らにはいろんなエピソードがありましたね。

彼らのすごさや魅力をたくさん知れたのではないでしょうか。

まだまだ魅力は尽きませんが今回はこの辺で…。

テレビなどのメディアへの露出も増えてきているので日常で彼らを目にする機会も増えるでしょう。

これからさらに活躍が期待されるNovelbrightに注目していきたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました