アニメ

骸骨騎士様オーバーロードのパクリ盗作?似ているかどうか調査してみた!

骸骨騎士様、オーバーロード
Pocket

2022年4月7日からアニメ放送がスタートした「骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中」。

小説家になろうで連載されており、シリーズ累計発行部数は170万部を突破しています。

主人公はゲーム中に寝落ちしてしまい、目覚めるとそのゲームで使用していたキャラの姿で異世界に放り出されていました。

目立たないように行動しようとするものの、目の前の悪事を放っておくこともできず、骸骨騎士様による無自覚世直し異世界ファンタジーが始まる……というお話です。

この作品、実は「オーバーロード」のパクリではないかと噂されています。

そこで今回は、「骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中」と「オーバーロード」を比べて調査してきました!

気になる方は見ていってくださいね。

 

骸骨騎士様はオーバーロードのパクリ?

「骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中」のあらすじは冒頭でお話しましたね。

では、「オーバーロード」のあらすじを見ていきましょう。

時は2138年。一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム《ユグドラシル》はサービス終了を迎えようとしていた。プレイヤーであるモモンガも仲間と栄華を誇ったギルドで一人静かにその時を待っていた。しかし、終了時間を過ぎてもログアウトしないゲーム。突如として意思を持ち始めたNPCたち。ギルドの外には見たこともない異世界が広がっていた。

 

現実世界ではゲーム好きの孤独で冴えない青年が、骸骨の姿をした最強の大魔法使いとなる!

世界を掌中におさめる死の支配者、ここに光臨!!

引用:オーバーロード公式ホームページ

共通点としては、主人公が骸骨の姿であること、異世界転移物であることが挙げられますね。

しかし、「骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中」の作者である秤猿鬼さんは、自身のTwitterで「骸骨騎士を好きになったきっかけはベルセルク」と話しており、オーバーロードのパクリ説をやんわりと否定しています。

そして、異世界転移物はなろう小説の十八番ですので、パクリとは言えません。

あらすじを見る限りストーリーも全然違いますし、どちらかと言うと「骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中」はギャグ要素多めです。

これらのことから、「骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中」は「オーバーロード」のパクリではないと言えますね。

主人公の見た目にインパクトがあるので目につきやすいですが、考えてみたらよくあるチート系主人公の見た目もイケメンなことが多いですし、金髪青眼のヒロインなんかもよく見かけますよね笑

ですので、「骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中」と「オーバーロード」は全く別の作品としてそれぞれ楽しんでもらえたらいいなと思います。

 

SNSの反応

では、「骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中」と「オーバーロード」について、皆さんはどう思っているのでしょうか?

SNSで見ていきましょう!

 

 

 

 

 

やはり皆さん、最初はオーバーロードを思い浮かべるようですね…。

しかし内容を見て、また違った作品だということをわかってくれている方も大勢います。

 

まとめ

今回は、似ていると言われている「骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中」と「オーバーロード」を比べてきました。

いかがだったでしょうか?

確かに共通点などはありましたが、パクリと言われるほど似ているかというと、そんなことはなかったですね。

それぞれストーリーの路線がまったく違っていましたから。

その点は、今後アニメが進んでいくにつれて明らかになっていくと思いますので、ぜひ見続けていただきたいものです。

「骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中」も「オーバーロード」もとてもおもしろい作品なので、骸骨好きの方もそうでない方も要チェックですよ!
時間気にせずにいつでも観たいですよね。
そんな方はやっぱり配信サイトがおすすめです。

お値段は少し他の配信サイトよりも高めではありますがアニメだけではなく実写、ドラマ、そしてコミックなども見放題になるU-NEXTさん。おすすめです。


他の配信サイトよりもお高いがその分、コンテンツが動画以外も豊富なU-NEXT