アプリ

原神4K60fpsに必要なスペックは?カクつかずに快適プレイ環境を紹介!

原神、4K、60fps、スペック
Pocket

2020年にサービスが開始され、今でも遊んでる人が多い「原神」。

スマートフォンで手軽にプレイできるのも魅力ですが、どうせなら大画面で高グラフィックを楽しみたいという方も多いのではないでしょうか。

原神は美麗な映像が売りですから、せっかくなら4K(60fps)でプレイしたいところです。

なので、お持ちのパソコンで原神がプレイできるか、買い替えるならどんなスペックのパソコンがいいのか気になりますよね。

今回は原神を4K(60fps)で遊ぶために必要なパソコンのスペックをご紹介していきます。

 

原神を4K(60fps)で必要なスペックは?

原神の公式サイトに必要スペックがあるのでまとめました。

必要スペック最低推奨
OSWindows10Windows10
CPUCore i5(第4世代以上)Core i7(第4世代以上)
メモリ8GB16GB
グラフィックボードGeForce GT 1030GeForce GTX 1060 6GB以上
ストレージ30GB以上30GB以上

スマホで遊べるだけあって、必要スペックはそこまで高くないようです。

ただ、今回知りたいのは4K(60fps)で遊べるスペックかというところ。

原神のフレームレートの上限は60fpsなので、これを維持できることが、原神を最大限楽しめる方法と考えます。

そのためにはグラフィックボードが高い必要があります。

4Kで遊ぶためには、最低でも「RTX 3060 Ti」が必要で、これでも平均は50fps。

お金に余裕があるなら、「RTX 3070」の方が快適なのでこちらがおすすめです。

 

用語解説

  • fps:フレームレート。1秒間の動画が何枚の画像で構成されているかの単位。数が大きいほどなめらか。日本のテレビ放送は30fps程度。
  • CPU:プロセッサー。コンピューターを構成するデバイスの1つ。制御・演算を担当。
  • グラフィックボード:ディスプレイに画像や映像を映し出すための部品。きれいな画像を映すための必需品。

 

おすすめのゲーミングPC

おすすめのスペックが搭載されたゲーミングPCはこちらです。

モデル価格特徴
マグネイトMH10万円~原神を60fpsでプレイできる。初心者向け。
ガレリアXA7C-R3725万円~原神を4K60fpsでプレイできる。コスパ◎。人気ナンバーワン。
ガレリアXA7C-R3828万円~原神4Kプレイでも処理落ちしない最強PC。
ガレリアXL7C-R3616万円~原神を処理落ちせずに遊べるノートPC。

自分の予算や遊び方に合わせて選んでみてください。

また、ゲーミングPCと同時にゲーミングモニターを買うことも忘れずに!

いくら高性能のPCがあってもそれを映し出すモニターが4Kでなければ、宝の持ち腐れですからね。

 

ユーザーの声

実際に原神をプレイしている方たちはどんな環境で遊んでいるのでしょうか。

SNSから見ていきましょう!

 

 

 

 

中にはなんとMac Bookで原神をプレイしている方も!

皆さん共通して4Kはきれいで操作しやすいと言っています。

確かに動きが滑らかだとゲーム難易度にも影響しそうですよね。

やはり原神を最大限楽しむには4K60fpsが必要そうです。

 

まとめ

原神を4K(60fps)で遊ぶためのPCスペックについてまとめてきましたがいかがだったでしょうか?

必要グラフィックボードは最低でも「RTX 3060 Ti」、余裕があれば「RTX 3070」を選びましょう。

あとは自分の遊び方や必要スペックに合わせて、お気に入りのPCを見つけてみてください。

原神は高画質で遊ぶことでよりその世界観を楽しめるゲームなので、最大限に楽しむためにも4K(60fps)は必要だと思います。

もうすでにPCで遊んでいる方も、これからPCを買う予定の方も、ぜひ4K(60fps)を検討してみてください。

ABOUT ME
なぎさ
サブカル大好きブロガー。日常で気になること、興味を持ったことなどを書いていく雑記ブログです。