アニメ

処刑少女の生きる道売上どれくらい?アニメ化への評判まとめ!

処刑少女の生きる道、売上
Pocket

2022年4月2日からテレビで放送されるアニメ「処刑少女の生きる道」。

『自分の人生で自分自身が許せないものを内面に抱えてしまったキャラクターがどうやって自分を許すか』をテーマに描かれている作品です。

迷い人を処刑する処刑人のメノウは迷い人のアカリと出会い任務を遂行しようとしますが、アカリの純粋概念により失敗します。

2人は行動を共にするようになりますが……というお話です。

アニメ化するということは人気作品なのでしょうか?

人気だったら本の売上もいい調子なのでは?

そこで、今回は「処刑少女の生きる道」について、原作の売上からアニメ化への評判までまとめていきます。

 

「処刑少女の生きる道」売上はどのくらい?

処刑少女の生きる道の小説はGA文庫(SBクリエイティブ)より出版されており、なんと第11回GA文庫大賞では大賞を受賞しています。

2021年8月の時点で6巻まで発売されています。

漫画版はヤングガンガンコミックス(スクエア・エニックス)より発売されており、2022年3月時点で3巻まで出ています。

さて、気になる売上ですが、シリーズ累計発行部数は30万部を突破しています。(2022年2月時点)

じゃあ30万部ってどのくらいなの?と思いますよね。

明確な定義はありませんが、小説などでは10万冊売れたらベストセラーと言われるようです。

そう考えると、30万部の売上は大ヒットと言ってもいい数字です。

漫画だと少し変わって、30万部でヒットと言われることが多いようなので、そのことを踏まえても買われている作品と考えて良いでしょう。

恥ずかしながらアニメ化決定が発表されるまで「処刑少女の生きる道」を知らなかったのですが、これは完全に私のアンテナが仕事していなかったということになりますね笑

 

ほかの人気ラノベはどのくらい売れているの?

ちなみにですが、ほかの人気作はどのくらい売れているのでしょうか?

気になったので調べてみました。

すると、びっくりするほど売れていたんです!

ランキングはこちら↓

  • 1位:とある魔術の禁書目録…3100万部
  • 2位:転生したらスライムだった件…3000万部
  • 3位:ソードアート・オンライン…2600万部
  • 4位:魔法科高校の劣等生…2200万部
  • 5位:涼宮ハルヒシリーズ…2000万部

さすが、人気シリーズは桁が違いますね(笑)

ここにあげたラノベを知らないという人はいないのではないでしょうか。

 

「処刑少女の生きる道」アニメ化評判まとめ

人気作ということが分かったところで、アニメ化に対する評判を見ていきましょう。

 

推している作品がアニメ化するのは本当にうれしいことですよね!

原作を読んだことのない方も、アニメからなら入りやすいのではないでしょうか。

初めて読んだラノベがアニメ化するなんてとても感慨深いです。

アニメ化を記念してラノベに特典が付くみたいです!

これは買わないとですね……!

 

まとめ

今回は「処刑少女の生きる道」の売上やアニメ化の評判についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

売上はとても好調な様子でしたね。

30万部、すごいです!

アニメ化についても、楽しみにしている方が大勢います。

期待値高めですので、その期待を超えてくれることを願っています(笑)

「処刑少女の生きる道」、気になった方はぜひラノベからでも、漫画からでも、アニメからでも、お好きなものを選んで、見てみてください!

ABOUT ME
なぎさ
サブカル大好きブロガー。日常で気になること、興味を持ったことなどを書いていく雑記ブログです。