ドントルックアップ実話は本当?あらすじから考察!

ドントルックアップ 実話 エンタメ
Pocket

Netflix で12月24日から配信となる「ドントルックアップ」(原題:Don’t Look Up)。

「えーーーー!!!」というくらい、サクっと劇場公開して、一気にNetflixで配信となってしまう割には「えーーーー!」っとのけ反る位のかなり豪華なスタッフ&キャストの作品です。

アカデミー賞受賞履歴のあるS級キャストがてんこ盛りですから、「ドントルックアップ」がしっかり作られていることは間違いないです。

「ドントルックアップ」の映画監督であるマッケイ監督は、今までに社会的な題材で、実話ながら一般の人には理解しずらい巨大で扱いにくい概念や裏で動いている巨大な策略を具体的なカタチへ落とし込もうとする作品を数多く手がけてきました。

最新作である「ドントルックアップ」も実話に基づく作品(?)という話があるので中身を見ていきたいと思います。

 

ドントルックアップは実話に基づく?

話題の映画「ドントルックアップ」(2021年)は、現代最大の関心事である地球温暖化を警鐘する大物スターが勢ぞろいの風刺映画です。

「地球温暖化?それが実話なわけ?」そこがポイントではありません。

「彗星が衝突して地球が破滅!?」これも違います。

えーー、一応まだ彗星は地球に衝突して人類は滅亡していないので、実話ではありません。

ストーリーとしては巨大彗星衝突という地球の危機を発見した天文学者と教え子が、世界の人々にその事実を伝えようと必死になって奔走する様を描いています。

 

あらすじ

天文学専攻のランドール・ミンディ博士(レオナルド・ディカプリオ)は、落ちこぼれ気味の天文学者。

ある日、教え子の大学院生ケイト(ジェニファー・ローレンス)とともに地球衝突の恐れがある巨大彗星の存在を発見し、世界中の人々に迫りくる危機を知らせるべく奔走することに。

仲間の協力も得て、オーリアン大統領(メリル・ストリープ)と、彼女の息子であり補佐官のジェイソン(ジョナ・ヒル)と対面したり、陽気な司会者ブリー(ケイト・ブランシェット)によるテレビ番組出演のチャンスにも恵まれ、熱心に訴えかけますが、相手にしてもらえないばかりか、事態は思わぬ方向へー。

果たして2人は手遅れになる前に彗星衝突の危機から地球を救うことができるのか…、というストーリーが展開されるのです。

 

実話という意味は?

この監督の社会派でありながらも、正攻法で批判や問題提起をしないスタンスがこの新作にも非常によく表れています。

危機に直面したアメリカ社会の「悲惨で悪夢のような迫りくる現実」に対するアメリカ国民と権力者たちを完全にディスって描いているのです。

「あぁ、こういう感じの人たち、いるいる!」というところが「実話に基づく・・・・・かもしれない」といいうところなんですね!!

 

アダム・マッケイ監督

「ドントルックアップ」はアダム・マッケイが監督をつとめた作品です。

この方の作品の特徴は、非常にまじめな社会問題を取り上げながらも大きな組織や国家を笑い物にすると言うところです。

 

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(2016年)

では、2000年代のアメリカの大手銀行がサブプライムローン破綻へと向かう様子を描いています。

悲しいことに現実が、大手銀行は国に守られて、ほとんどダメージを受けず、川下の一般国民が破滅的なダメージをうけた社会問題をドキュメンタリー風味で描いています。

 

「バイス」(2019年)

アフガニスタンとイラクへの侵攻の内幕を解き明かしながら、ジョージ・W・ブッシュ政権で副大統領を務めたディック・チェイニー元米副大統領の実像に迫るダークでコミカルな伝記(?)映画。

ブッシュの無能っぷりと、アメリカ国家が戦争へ向かっていく様子を過激に、そして時に皮肉をまぶしすぎて突き抜けた結果、果てしなくコミカルになっています。

 

まとめ

「ドントルックアップ」は、12月10日より一部劇場にて公開後、Netflixにて12月24日より配信開始です。

実話なのは、アメリカ国家のお金儲けとファッションに洗脳された能天気なメディアと人気取りをしたい大統領と政府に惑わされっぱなしで大迷惑の国民、ってことでしょうか?

彗星が地球に衝突するのがこれから迫りくる実話にならないことを祈ります。

彗星が地球に衝突、というネタですと「アルマゲドン」が真っ先に浮かびますが、地球と人類を救うために命を懸けて立ち上がるアメリカ人ヒーローたちを描いたあの作品とは同じ題材でありながら、「ドントルックアップ」は全く描こうとしているものも、ストーリーも描き方も異なります。

あ、「ディープインパクト」もありましたね。

ですが、「ドントルックアップ」、こちらは皮肉たっぷり!

「あはははー、馬鹿だねー」と笑い飛ばすか、「この人たち怖すぎ、マジ笑えない」と思うか

あなたはどちらでしょうか?

冬休みに友達と、恋人と、家族と、そしておひとり様独立国家で好きな時に好きなスナックとドリンクを用意して是非ぜひ見ていただきたい映画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました